2014年 10月 06日

  • 秀吉が愛した街「大阪」

    織田信長が成し得なかった天下統一を成し遂げたのが豊臣秀吉です。 彼が辞世の句として詠んでいます。 「露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢」 意味はこのようなイメージです。

    t01600197_0160019711996069881

カテゴリー

ページ上部へ戻る