関西弁と大阪弁は違う

一般的に、大阪=関西弁と言われがちですが、よく考えてみて下さい。

関西弁だと、京都府も兵庫県も他府県全て含まれてしまいます。
大阪には、きちんと大阪弁と言われる方言があります。
さらに細かくなると、キタとミナミ(北摂地方と泉州地方)で異なります。
分かりやすく言うと、北摂地方は、どちらかと言えば、京都や兵庫に近いので、口調が柔らかいです。
泉州地方は、岸和田のだんじりなど有名なお祭りで、みなさんご存知かと思いますが、口調が北摂よりも荒いです。
河内弁と言われています。

異なる、大阪弁と河内弁。
私は、北摂地域に住んでいたため、河内弁でまくしたてられると同じ大阪人でも怯んでしまいます。
岸和田市民はだんじり祭りのために、「だんじりがあるので休みます」と普通に仕事を休んでました。
それを聞いた時は、さすがに私もビックリしましたが、それだけ地元愛が強いのです。

お笑い芸人の方が、関西弁を使って有名になりましたが、「あれ?」という言葉を使われてることもあります。
地元愛が全国でも常に上位な大阪。
「関西弁」と言われるのに、慣れてしまってますが、本音は「関西弁ちゃうんやけど…」なんですよ。

どこの都道府県でも、地域ごとに微妙に方言違いますよね。
大阪も、それと同じです。
その上、地元愛が強い大阪人、何処にいようが大阪弁で話しているのを耳にすることは多いんじゃないでしょうか?
関西圏以外で大阪弁が聞こえて来た時のノリというのか、テンションの上がり方は凄いです。
中途半端にマネをすると「エセ(偽者)関西人」と言われ兼ねないのでご注意下さいね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る