記事の詳細

織田信長が成し得なかった天下統一を成し遂げたのが豊臣秀吉です。
彼が辞世の句として詠んでいます。

「露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢」
意味はこのようなイメージです。
「豪壮な大阪城を築城し天下統一した自分も朝露のように生まれ、そして朝露のように死んでいく」

豊臣秀吉が大阪に大阪城を築いたのは、そこの地形が自然が造った要害であったためです。
もともとここには信長を長年にわたり
苦しめた難攻不落の石山本願寺がありました。

信長は、この地を天下統一の本拠地と考えていましたが
10年間に渡る石山本願寺の抵抗にあいます。

そのため、近くの近江に安土城を築いて本拠地としています。
秀吉は信長の構想を受け継いで、石山本願寺の後に大阪城を築いて本拠地としたのでした。

またこの地は、瀬戸内海と海でつながり、背後には琵琶湖がありました。
淀川で結ばれ、人々を潤す水源に恵まれ土地も豊かだったのです。
京都に近く、交通の要害で、多くの人々が集まってくる要素に恵まれた土地でした。

秀吉の権力と権威を象徴する絢爛豪華な大阪城の姿は、「三国無双」と称されるようになります。
天守閣は黄金をふんだんに用いた外観五層の大天守でした。

秀吉は来訪者に、自ら好んで本丸内を案内してまわったとされています。
銀で飾られた奥御殿の内部から、大天守に納められた宝物の山などの富を誇示して驚かせたといいます。

大阪城の築城と同時に、町づくりが行われた大阪
このお城は近世城下町の先駆けとなり、江戸時代には商人の町として繁栄していきました。

明治の新政府に余裕があれば、日本の首都は大阪だったかもしれません。
 

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る