記事の詳細

私は、大阪と言ったら沢山の食文化を想像します。
大阪の食べ物で思いつくのが、たこ焼きとお好み焼きと言った粉もんや、うどんのイメージがあります。
大阪のお好み焼きは小麦粉を水で溶いて生地にキャベツや豚肉を入れ、専用のソースとかつお節と青のりをかけて食べます。
大阪のお好み焼き店のソースは、各店、オリジナルのソースです。
大阪の多くのお好み焼き屋さんはお好み焼きに、ごはんとみそ汁がセットになった、お好み定食と言う物がある店があります。
大阪人は当たり前の定食だそうです。

もうひとつは、たこ焼きです。
今は熱々で焼きたてを食べると美味しい、誰もが知っているたこ焼きも、実は大阪の屋台で売りだされたのが発祥だと言われています。
たこ焼きの始りは「明石焼き」から始り昔の駄菓子のこんにゃく、ねぎ、しょうが、天かすといった素朴な具で作る「ちょぼ焼き」に変わり、肉やこんにゃくと言った物を入れて焼いた物を「ラジオ焼き」と言いその後、現在のたこ焼きになってきたそうです。
今や、大阪には多くのたこ焼き屋があり、地元の方や観光客に人気のあるソウルフードとなっています。
人気のあまりに大阪を代表するカジュアル・フードとして、食文化を美味しく、楽しめる「大阪たこ焼きミュージアム」と言う観光地もあるくらいになりました。

最後に大阪の食文化はうどんです。
きつねうどんと言うのは、いなりずしでよく使われる、甘辛く煮た油揚げの事で、たっぷりしみ出る昆布のだし汁は大阪生まれの味です。
かつおと昆布で出汁をとった汁はとても美味しいです。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る