大阪ロケ地巡り

東京に次ぐ日本の大都市、大阪は映画やドラマのロケ地でも知られています。

ハリウッド映画の舞台として登場したこともあります。
独特の文化を持つ町並みは、映像の舞台として映えるのでしょう。
今回は大阪のどんな場所がロケ地として使われてるか調べてみました。

やっぱり大坂のシンボルである通天閣は、ビジュアル的にもインパクトがあります。
デザイン的には、昭和を感じさせる作品などに多く使われています。
時代を感じさせる佇まいが、逆に強い印象を与えてくれます。

道頓堀川付近も映像として、よく使われています。
独特なネオンの看板は、一目で大阪らしさを主張しています。
一見派手な色彩ですが時代を超越した存在感を放っています。
東京とは、また違った日本の都市という印象です。

大坂府庁舎も、多くの映像作品で、ロケ地として使われています。
特に印象的なのが、リドリー・スコット監督作品「ブラックレイン」での1シーンです。
他にも多くの名所がロケ地として用いられています。

では何故、大阪がロケ地に選ばれるのでしょうか。
東京にはない、色彩とデザインの風景が、映像映えするのかもしれません。
現代でも未来でも過去でもない、特殊な雰囲気も特徴と言えます。
また大阪フィルム・カウンシルなどのロケ地誘致活動が盛んなのも一つの要因だと思います。
映像作品のロケ地として露出することで、大阪の経済を盛り上げたい狙いもあるようです。
これからも多くの映像作品で大阪が舞台になることがあるでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る