記事の詳細

大阪に旅行に行くなら、ユニバーサルスタジオや海遊館、大阪城などのアミューズメント施設や観光名所をまわるのも、もちろん楽しいです。

それとは別に、大阪独特の町の雰囲気に触れるのも醍醐味といえます。
大きくキタとミナミに分かれますがそれぞれ紹介したいと思います。

キタとは梅田周辺のことをいいます。
大阪の玄関口で電車や車の交通網が集まっています。
高層ビルやショッピングビルが立ち並び、いかにも都会といった感じです。
大阪のなかでは上品な感じがあります。
中でも梅田スカイビルは、デートスポットとしても観光名所としても有名です。
中心を少し離れると商業施設や商店街が多くあります。
夜のイメージはミナミのほうが強いですが、高級飲み屋街『新地』はキタにあります。
兎我野町も大阪では有名な歓楽街です。

ミナミは心斎橋、難波を中心とした地域のことをいいます。
道頓堀やアメリカ村などは、若者や観光客の多い街です。
道頓堀はひっかけ橋から見える、グリコの看板や、かに道楽の看板が有名です。
アメリカ村は、大阪近辺のおしゃれな若者が集まるスポットです。
流行の服屋さんや雑貨屋さんなどがひしめき合っているにぎやかな街です。
御堂筋側に出ると大丸やOPAもあり、ブランドの店舗も多くあります。

難波に行くと難波グランド花月があります。
新世界も近く、中心には通天閣が立っています。
このあたりでは立ち飲み屋や串かつ、ホルモンと、いかにも大阪らしいグルメが楽しめます。
キタに比べると、より一層大阪らしい活気にあふれた地域です。
ミナミで夜の街といえば宗右衛門町という歓楽街が有名です。
みなさんも、大阪に行ったときには、キタとミナミの雰囲気の違いを楽しんでみて下さい。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る