記事の詳細

大阪名物といえば、まず何を思い浮かべられるでしょうか?
やはり食道楽の街にふさわしい大阪グルメが人気のようです。
たこ焼き、お好み焼き、串カツ、他にも様々な大阪名物が存在します。
特に有名なのは、やはりたこ焼きでしょう。
大阪の家庭には一家に一台、たこ焼き器があると言われるほど生活に密着しています。
今回は大阪名物たこやきについて調べてみました。
すると驚くべき事実に遭遇したのです。
実は、たこ焼きを最初に考案したのは大阪の人ではありません。
昭和10年(1935年)に大阪の今里にある「会津屋」というお店で、日本で最初のたこ焼きが生まれました。
この会津屋を開いたのは福島県会津坂下町出身の遠藤留吉さんです。
何と、たこ焼きを生み出したのは福島の方でした。
会津屋では以前から、小麦粉の生地にコンニャクを入れたものをを販売していました。
その名も「ラヂオ焼き」です。
ある時、お客さんから聞いた、タコの入った明石焼きの話をヒントに、たこ焼きが生まれたのです。
たこ焼きという名称も、このときに付けられました。
一般的なたこ焼きと言えば、ソースが味付けのポイントになります。
しかし元祖たこ焼きの場合、何もつけずに食べるのが基本です。
下味がしっかり付けられた生地なので、そのままでも十分、美味しく頂けます。
会津屋本店は、今里から西成に場所を移しましたが、今でも多くの人たちを魅了しています。
さらに現在は日本全国へ支店も出しています。
大阪へ来られた際には是非、日本で最も古い歴史のある、たこ焼きを味わってみませんか。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る